/

情報発信巡り有識者会議 気象庁長官、トンガ海底噴火で

南太平洋・トンガ沖の海底噴火による潮位変化を巡り、気象庁の長谷川直之長官は19日の定例記者会見で、同様の事態が起きた際に住民らへどう情報発信するかを有識者会議で検討する方針を明らかにした。潮位変化が起きたメカニズムも分析する。

気象庁によると今回の潮位変化は津波のメカニズムとは異なり、警報や注意報の発信の遅れにつながった。長谷川長官は「潮位の変化がどのような現象によるものか不明だった。(発信に)かなりの時間を要した」と説明。今後について「同じようなことがあれば、経験を踏まえより迅速に発表したい」と述べた。

有識者会議での検討がまとまるまでの間に噴火による同様の潮位変化があった場合は、今回のように津波警報・注意報を活用して住民に警戒を呼びかけるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン