/

この記事は会員限定です

豪雨もたらす線状降水帯 気象庁が挑む「半日前予測」

豪雨防災は今㊤

(更新) [有料会員限定]
気象業務支援センター大泉伝研究員提供

今年も豪雨シーズンが迫っている。2020年の7月豪雨では、同じ地域に大雨が降り続く線状降水帯が5日間で9つ発生。大規模な河川氾濫や土砂崩れを引き起こし、全国で84人が犠牲になった。命を守るには迅速な避難が欠かせない。線状降水帯の発生半日前予測に挑む気象庁。情報発信を強化する自治体。避難計画の作成に取り組む住民。それぞれの「豪雨防災の今」を追った。

5月下旬の気象庁気象研究所(茨城県つくば市)。窓か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1625文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン