/

天皇陛下、パラリンピック開会式出席へ

宮内庁は19日、天皇陛下が24日の東京パラリンピック開会式に出席されると発表した。大会名誉総裁として開会宣言もされる見通し。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、五輪と同様、皇后さまは同席されない。原則無観客開催となり、両陛下や皇族方による競技観戦は予定していない。

陛下が五輪開会式で述べられた宣言は、五輪憲章(英文)の訳語を調整し、祝意を示す表現が抑えられた。宮内庁幹部によると、東京パラリンピックでは長野大会の前例を踏襲した内容になるという。

同庁はまた、陛下が24日に皇居・宮殿で国際パラリンピック委員会(IPC)のパーソンズ会長ら大会関係者と面会されると発表した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン