/

この記事は会員限定です

人を裁く重み、浸透半ば 裁判員年齢18歳に引き下げ

[有料会員限定]

1日施行の改正少年法によって裁判員に選ばれる年齢も引き下げられ、早ければ2023年から高校生を含む18、19歳も重大事件の判決に関わる。制度は導入から12年を経たが若者の関心は高いとはいえない。制度を「授業で知った」と答えたのは20代でも4割にとどまり、幅広く司法参加を促すためにも専門家との連携など実践的な学びが急務だ。

2月中旬、宮城県大崎市の古川黎明(れいめい)中学校の大講義室。招かれた仙台地裁裁判官の指導の下で、当時の3年生約100人が模擬裁判に臨んだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1532文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン