/

この記事は会員限定です

暴力団トップに死刑判決 背景に凶悪性、強まる包囲網

(更新) [有料会員限定]

殺人などの罪に問われた特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)総裁、野村悟被告(74)に福岡地裁は24日、死刑判決を言い渡した。関与の直接証拠がないなか、足立勉裁判長は関係者証言の信用性を認め、組織力を利用した「首謀者」と結論づけた。民事でもトップの「使用者責任」を認める判決が相次ぎ、暴力団包囲網は強まっている。

殺人や組織犯罪処罰法違反(組織的な殺人未遂)などの罪に問われたのは野村被告とナンバー2の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1864文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン