/

震災遺族、聖火に思い託す サンドウィッチマンも登場

聖火リレーが宮城県で始まり、気仙沼市鹿折地区の災害公営住宅前を走る聖火ランナーの千田健一さん(19日午前)=共同

東京五輪の聖火リレーが19日、宮城県で始まり、気仙沼市の災害公営住宅をスタートした。東日本大震災で家族を失った遺族や、被災体験を発信するお笑いコンビ「サンドウィッチマン」らが走り、聖火にそれぞれの思いを託した。

出発式は、被災者らが暮らす気仙沼市鹿折地区の災害公営住宅で開催。第1走者は日本がボイコットした1980年モスクワ五輪のフェンシング代表、千田健一さん(64)が務めた。津波で娘(当時32)を亡くした乃川功さん(70)は「やっとこうしたイベントを見る気持ちになれた。勇気づけられた」と目を潤ませた。

聖火は午後に沿岸部を南下。石巻市では、津波で児童と教職員計84人が犠牲となった市立大川小で6年生の次女、真衣さん(当時12)を亡くした鈴木典行さん(56)が駆け抜けた。ポケットに真衣さんの小学校の名札を入れて聖火をつなぎ「今日は一緒に走った。『やったね、2人で走ったね』って抱き合いたい」と笑顔を見せた。

初日ゴールの女川町では同県出身のサンドウィッチマンが登場。伊達みきおさん(46)は「震災から10年。世界からもたくさんの協力をしてもらった。きれいになった女川を感じてもらえたと思う」と語った。〔共同〕

宮城県女川町で行われた聖火リレーで、トーチキスするお笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきおさん(左)と富沢たけしさん(19日午後)=共同
Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン