/

リコール署名偽造事件、運動事務局長を逮捕 愛知県警

(更新)
地方自治法違反の疑いで愛知県警に逮捕され、宿泊先のホテルを出る田中孝博容疑者(右から2人目、19日午前、静岡県伊豆市)=共同

愛知県の大村秀章知事のリコール(解職請求)運動を巡る署名偽造事件で、県警は19日、リコール運動事務局長の元県議、田中孝博容疑者(59)と妻のパートなおみ容疑者(58)、次男の自営業雅人容疑者(28)、事務局幹部でアルバイトの渡辺美智代容疑者(54)を地方自治法違反(署名偽造)の疑いで逮捕した。

民意を示すためのリコールを組織ぐるみで悪用したとされる不祥事は、事務局トップの逮捕に発展した。県警は指揮系統などの解明を急ぐ。

田中容疑者は逮捕前の取材に「違法行為はしていない」などと主張。県警は19日、田中容疑者を滞在先の静岡県伊豆市のホテルで逮捕した。愛知県稲沢市にある田中容疑者の自宅など複数の関係先を家宅捜索した。大村氏は同日「一日も早い事件の全容解明と関係者の厳正な処断をお願いしたい」と述べた。

逮捕容疑は共謀して昨年10月下旬、佐賀市の貸会議室で複数のアルバイトに有権者の氏名を署名簿に記載させ、署名を偽造した疑い。愛知県警は4人の認否を明らかにしていない。

リコール運動を巡っては、名古屋市の広告関連会社やその下請け会社が、事務局の指示でアルバイトを集めて署名を偽造させた疑いが今年2月に浮上。県警は事務局関係者らを任意で事情聴取するなど捜査を進めていた。

広告関連会社の前社長(3月に退任)は田中容疑者から「アルバイトを集めてほしい」と頼まれ、約470万円で業務を受注したと周囲に説明。田中容疑者自ら発注書にサイン、押印したとも主張している。

田中容疑者は2003年まで県議を2期務めた。次期衆院選では愛知5区(名古屋市中村区など)から日本維新の会の公認を得て立候補する予定だったが、署名偽造疑惑が浮上した直後に辞退した。

リコールを主導した高須クリニックの高須克弥院長は共同通信の取材に「真実が明らかになるのを見守るしかない」と話した。田中容疑者本人から「いつか捕まると思う」と聞かされていたと明かし、「逮捕に驚きはない」と語った。これまで通り自身の関与は否定した。

〔共同〕

▼リコール署名偽造事件 大村秀章愛知県知事のリコール(解職請求)運動を巡り、運動事務局が昨年11月に選挙管理委員会に提出した約43万5千人分の署名のうち8割超が無効と判断された。県選管の刑事告発を受け、愛知県警が地方自治法違反容疑で捜査を進めていた。リコール運動は、大村氏が実行委員会会長を務めた芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」を問題視した高須クリニックの高須克弥院長が始め、名古屋市の河村たかし市長らが応援した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン