/

ネットカフェ32時間籠城 監禁容疑で40歳無職男逮捕

(更新)
インターネットカフェに男が女性店員を人質に立てこもった事件で、容疑者(画面中央、前かがみになっている)を乗せ埼玉県警大宮署に入る車(18日午後10時56分)=共同

さいたま市大宮区のJR大宮駅前のインターネットカフェに男が立てこもった事件で、埼玉県警は18日午後10時40分ごろ、男の身柄を確保し監禁容疑で現行犯逮捕した。犯行のさなか、男は捜査員に対し「ナイフを持っている」などと人質の20代女性店員への危害を示唆していたが、女性店員に目立ったけがはなかった。発生から32時間余りで急展開した。

男は住所不定、無職の林一貴容疑者(40)。「間違いありません」と容疑を認めている。

18日午後8時ごろ容疑者は「休む」「寝る」と話して応答しなくなり、捜査員は寝静まったと判断。特殊工具で鍵を壊して突入し、容疑者を女性店員から引き離してブース外に引きずり出した。女性店員は疲労していたとみられるが、保護した際の受け答えはしっかりしていたという。

店は大宮区桜木町の「マンボープラス大宮西口店」で、雑居ビルの6階と7階で営業。林容疑者が立てこもったのは7階にある開口部のない鍵付きの個室ブースで、広さは約3平方メートルの防音構造だった。

内側から扉を開かないように細工したとみられ、インターホンを使い捜査員とやりとりしていた。金銭の要求はなく、「出るので少し待って」と話すこともあった一方で、「ナイフを持っている」「近づくとやるぞ」などと店員への危害を示唆する発言もあった。

17日午前10時ごろ、1人で入店。午後2時20分ごろ、個室ブースに女性店員を呼び、そのまま出てこなくなった。店側がマスターキーで入室を試みたが扉が開かず、応答もないため、午後4時8分ごろ「女性店員が戻ってこない」と通報した。

県警は18日昼前、2人分の飲料水と軽食をブースに差し入れた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン