/

この記事は会員限定です

国際化時代、立法の不作為指弾 国民審査の制限違憲

(更新) [有料会員限定]

最高裁大法廷が25日、裁判官の国民審査に在外邦人が参加できない現行法を違憲と判断した。長らく立法措置を怠ってきた国会の姿勢を批判し、早期是正を迫った。グローバル化やSNS(交流サイト)の普及など、国民審査を取り巻く環境は変わりつつある。今後は制度の活性化も課題となる。

「裁判官全員一致で、認めてもらって本当にうれしい。国会は速やかに違憲の状態を改善するよう立法措置をとってほしい」。原告のひとり、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1693文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン