/

田村正和さんが死去 77歳、俳優「古畑任三郎」

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
田村正和さん(1993年)

テレビドラマ「古畑任三郎」や映画、演劇など幅広い分野で活躍した俳優、田村正和(たむら・まさかず)さんが4月3日、心不全のため東京都港区の病院で死去した。77歳だった。告別式は近親者で行った。喪主は妻、和枝さん。

京都市出身。時代劇の大スター、故阪東妻三郎の三男として生まれ、兄の故田村高広さん、弟の田村亮さんも俳優という芸能一家に育った。1961年に映画「永遠の人」で本格デビューし、松竹を代表する若手スターとなった。代表作に「子連れ狼 その小さき手に」「風林火山」「日本の黒幕」などがある。

80年代以降はテレビドラマを中心に活躍。「眠狂四郎」「ニューヨーク恋物語」といったニヒルな二枚目から、「うちの子にかぎって…」「パパはニュースキャスター」などのコミカルな役まで、幅広い役柄をこなし、人気を博した。

94年から始まった三谷幸喜さん脚本の刑事ドラマ「古畑任三郎」シリーズでは独特な間を置く口調が話題となり、10年以上演じ続ける当たり役となった。

幸せな人生を送った 弟の亮さん、心境つづる

田村正和さんの弟で俳優の田村亮さんは18日、自身の公式サイトに心境をつづった。内容は次の通り。

兄 田村正和が天国に旅立ちました。4月3日、正和兄貴の奥さんからの突然の知らせで一瞬何の事か理解出来ず茫然としました。私の妻が3ケ月程前に兄の奥さんと話しをした時も 兄は元気で散歩していると聞いていたのに…。兄は幸せな人生を送ったと思います。仕事でもプライベートでも何事も自分のライフスタイルを崩さず全うしたと思います。葬儀も派手にせず静かに見送ってくれと家族に言っていたそうです。生前、兄に関わって下さった方々に、私からも心より厚く御礼申し上げます。合掌〔共同〕

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン