/

この記事は会員限定です

自動運転、どう活用 選手村事故でトヨタ社員を書類送検

(更新) [有料会員限定]

東京パラリンピックの選手村で起きた自動運転バスと選手の接触事故で、車の運転操作を担っていたトヨタ自動車の男性社員が過失を問われて書類送検された。警視庁はシステムに問題はなく人的ミスが事故原因とみているが、技術の進展が著しい自動運転をどう生かしていくかは今後の社会が抱える共通課題だ。

事故はパラリンピック期間中の昨年8月26日に起きた。トヨタが開発し選手村に提供していた電気自動車(EV)「イーパレ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り828文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン