/

山梨・道志村 左脚と右腕の骨と判明 女児との関連捜査

山梨県警は18日、道志村山中の捜索で11日に見つかった2つの人骨のようなものは、人の左脚のすねと右腕の骨の一部だったと明らかにした。同じ山中で肩甲骨が見つかり、死亡したと判断した千葉県成田市の小倉美咲さんとの関連は不明としており、DNA型鑑定を進めるなどして調べる。

県警は骨の大きさを明らかにしていないが、捜査関係者によると、いずれも子どものものとみられ、長さは十数センチ程度という。

小倉さんは7歳だった2019年9月に道志村のキャンプ場で行方不明になった。今年4月以降に発見された骨のうち、右肩甲骨はDNA型が小倉さんと一致。頭の骨は、小倉さんの母親と広い親族関係にある人物として「矛盾はない」という鑑定結果が出ていた。

県警は18日も、約40人態勢で骨が発見された枯れた沢付近を捜索したが、新たな手掛かりは得られなかった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン