/

大卒就職率22年春95.8% コロナ影響、2年連続低下

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

文部科学省と厚生労働省は20日、今春卒業した大学生の4月1日時点の就職率が95.8%だったと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大が影響し大幅に低下した前年(96.0%)を0.2ポイント下回り、2年連続の低下となった。

就職率は就職希望者のうち実際に職に就いた人数の割合を指す。調査は全国の国公私立大62校から抽出した大学生4770人を対象に実施した。

今春の就職率を男女別にみると、男子(94.6%)は前年より0.4ポイント、女子(97.1%)は0.1ポイントそれぞれ下がった。文理別では文系が0.6ポイント低下の95.4%、理系は1.5ポイント上昇の97.4%で、理系の就職率の高さが目立った。

近年は景気拡大や人手不足を背景に就職率の上昇傾向が続き、2020年は98%で1997年の調査開始以来最も高かった。新型コロナの影響で新規採用を見送る企業が増えた21年の就職率は前年を2ポイント下回り、22年も回復しなかった。

文科省は「新型コロナの打撃が大きかった外食や観光業界の採用の絞り込みなどが影響した」とみている。23年春卒業予定の大学生を対象とした採用説明会は3月に解禁され、運輸や旅行業界では新卒採用を増やす動きも出ている。

高校卒業者の就職率は21年と同じ97.9%だった。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン