/

この記事は会員限定です

ゴーン元会長逮捕3年 突破口の司法取引、負担どう軽減

(更新) [有料会員限定]

国内外に衝撃を与えた日産自動車元会長、カルロス・ゴーン被告(67)の逮捕から3年余りが経過した。事件を通じては、捜査を大きく進展させた「司法取引」の存在も注目されたが、2018年6月の導入以降、適用例は3件にとどまる。制度の活用に当たって当事者にかかる負荷の大きさが目立ち、物心両面の負担軽減のあり方が課題として浮かびつつある。

「罪が軽減されるという安心感があった」。20年10月下旬、ゴーン元会長の報酬過少...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1565文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン