/

レベル4を「高齢者等避難」に 気象庁、噴火警戒時

気象庁は18日、火山活動に応じた警戒範囲と、住民が取るべき防災行動を5段階で示す「噴火警戒レベル」について、レベル4の「避難準備」を「高齢者等避難」に変更すると発表した。12月16日午後1時から運用する。

5月の災害対策基本法の改正で、自治体が発表する避難情報のうち、高齢者などへの避難を促す「避難準備・高齢者等避難開始」の名称が「高齢者等避難」に変更されたことと合わせた。

同庁は、これまでと変わらない防災対応が必要だとし、高齢者でなくても避難の準備を進めることが重要としている。

噴火警戒レベルは他に、1が「活火山であることに留意」、2が「火口周辺規制」、3が「入山規制」、最大の5が「避難」となっている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン