/

この記事は会員限定です

ウィズコロナの暮らし、誰に委ねる 各地で選挙戦

[有料会員限定]

新型コロナウイルスが引き起こした課題が暮らしに横たわる中、政権を選択する衆院選が19日、公示された。海外客が消えた観光地は再起への支援を求め、医療が逼迫した都市部では体制見直しを訴える声が上がる。「ウィズコロナ」時代のかじ取りを誰に託すのか。政策を見極める12日間が始まった。

医療逼迫の大阪 「広域連携を」

「コロナ対策に財源を回す」。大阪府内の繁華街に候補者の訴えが響き渡った。演説を聞いていた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1434文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン