/

この記事は会員限定です

旗手の2人、闘志抱く パラリンピックで世界へ飛躍

[有料会員限定]

57年ぶり2回目の東京パラリンピックが24日夜、幕を開けた。新型コロナウイルスの感染拡大で五輪に続き、開会式は無観客開催に。「パラの魅力を伝えたい」。異例の運営が求められるなか、選手らは厳しい練習を乗り越えて、熱戦に臨む。

「スポーツの力を伝えたい」 トライアスロン・谷選手

開会式で旗手を務めたトライアスロン代表、谷真海選手(39)は大学時代に襲った突然の病魔で右足を切断した。東日本大震災で地元の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2069文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン