/

この記事は会員限定です

五輪開閉会式に向け輸送訓練 バス140台が国立競技場へ

(更新) [有料会員限定]

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会と東京都は19日夜から20日未明にかけ、東京大会の開閉会式に向けてバス約140台を使った選手・関係者の輸送訓練を行った。

訓練では旧築地市場跡地に設置した車両基地「築地デポ」から車両を出発させ、選手村や都庁、都内のホテルなどで選手・関係者役の組織委職員らが乗車し、国立競技場まで運ぶ「本番さながら」(都担当者)の訓練となった。会場に到着後、復路も走行して手順を確...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り467文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン