/

除雪中の事故74人死亡、9割高齢者  総務省消防庁

日本海側を中心に大雪が相次いだ昨年11月から今年3月末までに、除雪作業中の事故など雪の影響で亡くなった人が12道府県計97人に上ったことが、総務省消防庁のまとめで分かった。原因は屋根の雪下ろしなど除雪中の事故が74人と最も多く、うち9割超は65歳以上の高齢者だった。

同庁は近年除雪中の死亡事故が目立つとして、複数人での作業や命綱・ヘルメットの着用などを呼びかけている。

除雪中の事故以外で死亡したのは落雪に埋もれたのが16人、雪の重みで倒壊した家屋の下敷きになったのが5人、雪崩が2人。

都道府県別の死者数は北海道29人、新潟17人、青森13人、山形11人。岩手、宮城、秋田、福島、富山、石川、長野、京都でも、それぞれ1~9人が亡くなった。

住家被害は全国で計624棟に上り、内訳は全壊7棟、半壊12棟、一部破損598棟、床上・床下浸水7棟。都道府県別では滋賀の279棟が最多で、次いで北海道94棟、兵庫78棟、秋田51棟などだった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン