/

この記事は会員限定です

日大事件捜査、理事長の所得解明に軸足 自宅に1億円超

(更新) [有料会員限定]

日本大学付属病院を巡る背任事件で、東京地検特捜部は日大の元理事らの追起訴後も大学を巡る資金の流れの解明を続けている。自宅が捜索先となった田中英寿理事長(74)の事件への関与は立証されていないが、元理事らは理事長への資金提供を供述、理事長宅からは1億円を超える現金も確認された。今後の解明作業は現金の出所や申告状況など、理事長の所得に関する捜査に軸足を置いて進むとみられる。

日大本部などへの9月の家宅...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り799文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン