/

この記事は会員限定です

コロナ下の選挙戦、「密」対策に腐心 SNS強化も

[有料会員限定]

19日に公示された衆院選で、各陣営が新型コロナウイルス対策に腐心している。足元では感染状況は落ち着きを見せるが、演説などは「密」を呼びやすい。聴衆には距離を保つよう呼びかけ、二重にマスクをつけてマイクもカバーで覆う候補者も。「巣ごもり」の人にも訴えを届けようと、SNS(交流サイト)での発信も強化する。

「コロナ収束に向けてしっかりと議論をしていきたい」。19日午後、都内の商店街近くで第一声を上げた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り957文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン