/

この記事は会員限定です

大学入試、感染対策急ぐ VRで下見・濃厚接触は別建物

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」の感染が国内で広がるなか、大学入試の本番が近づいてきた。試験会場での感染を防ごうと各大学は厳戒態勢をとる。濃厚接触者の試験場を通常とは別の建物に設けたり、会場の下見にVR(仮想現実)を利用してもらったりするなど、対応を急いでいる。

大学の一般選抜(一般入試)は、1月15、16日の大学入学共通テストで始まり、2月ごろから私立大の個別学力試験、国公立大の2次...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1246文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン