/

台風14号、温帯低気圧に 1人死亡6人けが

(更新)

九州に上陸した台風14号は18日、四国を横断後、午前6時すぎに和歌山県有田市付近に再上陸した。紀伊半島を通過して東海沖を進み、午後3時に温帯低気圧に変わった。ただ東日本の太平洋側では19日午前にかけて大雨となる恐れがあり、気象庁は土砂災害や河川の増水などに警戒を呼びかけている。

台風14号は西日本を東に進んで横断する異例のコースをたどった。高知県黒潮町では、17日夜に自宅を出て行方不明だった60代の女性が川岸で遺体で見つかり、増水した川に流されたとみて県警が調べている。

和歌山県美浜町では18日未明に吹いた突風で住宅約50軒の屋根瓦が飛ぶなどし、1人がけがをした。このほか福岡、佐賀、長崎の各県で強風にあおられて転倒するなどして5人がけがをした。

計画運休を行った山陽新幹線は18日の始発から通常運行を再開。JR東海は台風の進路によっては、遅れや運転見合わせが生じる可能性があるとしている。空の便は一部で影響が続いた。

気象庁によると、19日正午までの24時間予想雨量は多い場所で関東甲信150ミリ、東海80ミリ。18日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は近畿、東海、関東甲信18メートル(25メートル)、波の高さは近畿5メートル、東海、関東甲信4メートルとしている。

台風14号は17日夜に福岡県に上陸。18日正午現在、愛知県豊橋市付近を時速約35キロで東に進んだ。中心気圧は1000ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速25メートル。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン