/

小中男子の体力最低 全国テスト、コロナ禍で運動減少か

スポーツ庁は24日、全国の小学5年と中学2年の男女を対象に実施した2021年度の全国体力テストの結果を公表した。新型コロナウイルスの感染拡大前と比べて体力は一様に低下しており、男子では全8種目の合計点の平均値が小中とも調査開始以来で最低となった。同庁はコロナ禍で運動の機会が減ったことが一因とみている。

調査は4~7月、全国の国公私立の小5と中2の計約201万人を対象に行った。20年度は新型コロナの影響で見送ったため、感染拡大後の調査は今回が初となる。

8種目の合計点(80点満点)の平均値は小5の男子が52.5点(前回19年度53.6点)、女子が54.7点(同55.6点)、中2男子が41.1点(同41.6点)、女子が48.4点(同50点)だった。軒並み19年度から下がり、男子は小中ともに、現在の調査方式になった08年度以来、過去最低の点数となった。

同庁は体力低下の原因について、「かねて指摘されてきたスマートフォンの利用時間の長期化による運動不足や肥満の児童生徒の増加が、コロナ禍による外出制限で助長された可能性がある」と分析。部活動の制限など、体育以外での運動の機会が減ったことも影響したとみる。

種目別にみると、持久力が要求される運動時間の長い種目ほど落ち込みが顕著だった。

一定時間内に20メートル走を何回繰り返せるかを測る20メートルシャトルランの平均記録は小学生男子が46.9回(前回比3.4回減)、女子は38.2回(同2.6回減)。中学生では男子79.5回(同3.6回減)、女子53.9回(同4.1回減)で、全年代・性別で過去最低だった。

中学生のみが対象の持久走(男子1500メートル、女子1000メートル)でも、男子は平均7.2秒、女子は同7.7秒それぞれ遅くなっていた。

調査では、児童生徒の生活習慣についても聞いた。1日1時間以上運動すると答えた児童生徒の割合は、小中男女のいずれも減少していた。特に男子で下がり幅が大きく、小学男子は前回比3.6ポイント減の47.8%、中学男子は同4.5ポイント減の77.6%だった。

一方で、学習以外の目的でゲームやスマホを使う時間は全体的に増加した。「5時間以上」と答えた割合は小学男子で15.9%、中学男子で14.6%に及んだ。

調査に助言する有識者会議の委員長を務めた中京大の中野貴博教授(体育科学)は「コロナ禍で運動が好きな層と嫌いな層で、体力の二極化が進んだ恐れもある。特に従来から運動する機会が少ない児童生徒への対策が不可欠になるだろう」と話している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン