/

パラ派遣飲酒で懲戒処分 山梨県警、警部補ら3人

山梨県警は17日、東京パラリンピック警備のため派遣された東京都内で飲酒した上で外出し、一般の人と口論した30代の男性警部補1人と、上司の男性警部と男性警視の2人を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にしたと発表した。また、警部補は自らの申し出により2階級の降格となった。

県警によると、警部補は8月28日夜、都内の宿舎で計7人で飲み会を開いた。その後、風俗店に行くため6人で外出し、警部補が通行人の男性2人と口論になった。

上司2人は、事前に相談を受けた際、命令に反して宿舎での飲酒を容認していたという。

また、懲戒処分となった3人の他、外出した30代の男性巡査長ら5人を本部長訓戒、外出しなかったが飲み会に参加した30代の男性巡査部長ら2人を所属長注意とし、計10人が処分された。この問題で、山梨県警から派遣された全員が29日に帰任した。

大泉雅昭警務部長は「誠に遺憾であり、改めて県民の皆さまに、深くおわび申し上げる」とコメントした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン