/

電動ボード公道走行に注意 理解不十分、違反相次ぐ

国民生活センターは19日までに、電動キックボードの事故や違反が相次いでいるとして、公道走行時のルールに注意するよう呼び掛けた。関係法令や乗車方法への理解が不十分な消費者もおり、担当者は「正しい情報を周知させたい」としている。

全国の消費生活センターなどに寄せられた相談件数は、2016年度以降で124件。うち9件は「販売業者から『公道を無免許で走れる』と言われ購入したが、走行不可と知り返品したい」といった公道走行に関する相談だった。

センターは公道走行ができるとして通販サイトや店舗で販売されている8種類を調査。その結果、法律が定めた保安基準よりもブレーキをかけた際の停止距離が長くなったり、反射器の性能が不足したりするなど8種類全てで問題が見つかった。取扱説明書にナンバープレート取得といった公道走行に関する記載がないものも2種類あった。

センターの担当者は「公道での走行には運転免許の保有やヘルメットの着用、保安基準に適合した装置などが必要だ。装置が備わっているか、購入時に必ず確認してほしい」と話している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン