/

帰国拒否のミャンマー選手、難民認定申請へ 月内にも

記者会見するサッカー・ミャンマー代表のピエ・リヤン・アウン選手㊥(17日午後、大阪府庁)=共同

5月の千葉市でのサッカー・ワールドカップ(W杯)予選試合で、ミャンマー国軍への抵抗を3本指のポーズで示した同国代表のピエ・リヤン・アウン選手(27)が帰国を拒否し、17日、大阪府庁で記者会見した。同席した弁護士は、月内にも難民認定を申請する方針を明らかにした。

16日の帰国拒否から一夜明け、同選手は「家族や(帰国した)チームメートが心配。自分の日本での生活も不安だ」と語った。「ミャンマーは平和な国ではない」として、平和の祭典である東京五輪に参加すべきでないと思うと語った。

同席した空野佳弘弁護士によると、同選手は90日間の短期の査証(ビザ)で5月下旬に入国。8月下旬まで合法的に日本に滞在できる。難民認定の申請先は、大阪出入国在留管理局(大阪市)を予定している。空野弁護士は「申請は必ず通ると思う」と自信を見せた。

国軍のクーデターによる情勢不安を理由に、日本政府は5月、緊急避難措置として、日本在留の継続を望むミャンマー人に在留延長を認めると発表。空野弁護士は、この措置を求めるかどうかは、難民申請の状況も踏まえ検討するとした。

3本指はミャンマーの反国軍デモの参加者が取るポーズで、独裁への抵抗を意味する。同選手は他の選手とともに関西空港から16日深夜、帰国の途に就く予定だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン