/

厚労省が誤情報リスト公開 新型コロナワクチン

インターネットなどで広がる新型コロナウイルスワクチンに関する主な誤情報を厚生労働省がリストにまとめ、正しい情報とともにホームページで公開した。接種のメリットは副作用などのリスクより大きいとして改めて接種を勧めている。

7日付で取り上げた誤情報は10項目。このうち、接種が不妊症や流産の原因になる、不正出血や月経不順を起こす――といった生殖機能関連のうわさについては「科学的な根拠はありません」「ワクチンが直接的に起こすことはありません」などと明確に否定した。

接種が原因で多くの人が亡くなっているとの情報に対しては「接種後の死亡」が「ワクチンが原因の死亡」を意味するわけではないと説明した上で「接種が原因で多くの方が亡くなったということはありません」と答えている。

全項目について、正しい情報の詳しい解説が別ページで読める。

ワクチンを巡る誤情報の拡散は世界的な問題で、各国の保健当局が情報提供に努めている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン