/

文春、新潮「中づり」終了へ デジタル強化に宣伝費投入

(更新)

「週刊文春」編集部は17日、8月26日発売号を最後に電車内の中づり広告を終了すると発表した。広告の締め切りが誌面制作の制約になることなどが理由。今後は宣伝費を「週刊文春 電子版」に投入し、強化していくという。

ライバル誌「週刊新潮」も同日、東京メトロに掲載している中づり広告を9月末に終了すると明らかにした。乗客の目を引きつけてきた「見出しの戦い」が姿を消すことになる。

「週刊文春」編集部によると、誌面の校了直前に取れたスクープのタイトルが、締め切りの早い中づりには反映できないなど、制作上の制約となるケースが増えていた。

同誌の発行部数は、今年4~6月の毎号平均で約51万7千部。現在、東京メトロの丸ノ内線、日比谷線など5路線で計1700枚、大阪メトロで計1500枚の中づり広告を掲載している。

一方、「週刊新潮」編集部は「駅の売店の減少やスマートフォンの普及により、車内広告の効果が薄れてきたことが理由」と説明。同じ活字文化で親和性が高いとみる新聞の広告は維持し、余った資源は今後、取材活動やデジタル戦略などに活用していくという。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン