/

フジが読売テレビに謝罪 VTRの内容酷似

フジテレビは17日、今年2月7日に放送したバラエティー番組「超絶!THE空中サバイバル」で使用したVTRの内容が、読売テレビの過去の番組と酷似していたとして、同局に謝罪したことを明らかにした。

フジテレビは「制作の詳細は差し控えるが、最終的に読売テレビの過去の放送を確認せずに放送してしまった。再発防止に努める」とコメントしている。

問題となったのは実際にあった航空機事故を扱った2つのコーナー。読売テレビによると、同じ事故を取り上げた2016年と18年放送の「体感!奇跡のリアルタイム」とVTRの構成やナレーション、字幕の表記がほぼ一致し、CG(コンピューターグラフィックス)も酷似していた。

フジテレビの番組放送後にインターネット上で話題になり、3月に読売テレビがフジテレビに指摘、謝罪文書を受け取った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン