/

この記事は会員限定です

台風14号、なぜ「スーパー台風」に 勢力維持し九州上陸

(更新) [有料会員限定]

大型で非常に強い台風14号が勢力を維持したまま九州南部に上陸した。気象庁は17日夜、鹿児島県に特別警報を発表。暴風や波浪、高潮への警戒をよびかけた。同庁が「過去に類似の台風がないほど危険な台風」と指摘し、米気象機関も「スーパー台風」とする勢力となったのはなぜか。今後の見通しなども含めてまとめた。

・なぜ「スーパー台風」にまで発達?
・今後の進路、交通などへの影響は?
・進む温暖化、勢力はどうなる?...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1581文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

ニュースの意味や背景を理解するためのポイントをいちからわかりやすく解説し、その後の展開を見通します。欧米メディアでは「エクスプレイナー」と呼ばれる解説コンテンツです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません