/

この記事は会員限定です

ゲリラ豪雨の雲に迫れ スカイツリーやスパコン活用 

[有料会員限定]

突発的な局地的大雨である「ゲリラ豪雨」が道路の冠水や交通機関への影響、停電など都市の脅威となっている。ゲリラ豪雨をもたらす雲をつかもうと、研究者は観測や予測技術の強化に動いている。

地上458メートル。空が近い。眼下には東京の街並みが遠くまで広がる。5月22日に開業から10年を迎えた東京スカイツリー(東京・墨田)の展望台の上に、防災科学技術研究所の観測装置が置かれている。

工場や発電所など様々な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1397文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン