/

テキシア元会長に懲役8年 地裁「顧客心理つけ込み」

(更新)

投資コンサルティング会社「テキシアジャパンホールディングス」(千葉市)を巡る詐欺事件で、詐欺と出資法違反の罪に問われた元会長、銅子正人被告(44)に、名古屋地裁は16日、懲役8年、罰金200万円(求刑懲役10年、罰金200万円)の判決を言い渡した。

「キング」と称し全国でライブを開催、検察側によると、1万人超から約450億円を集めたとされる。

宮本聡裁判長は判決理由で、被告が「金融のプロで、莫大な資産を有する資産家」とうそをつき、関係者を配下に取り込んだと指摘。「最高権力者」として幹部から末端会員まで自らの手足として利用したと述べた。

その上で「高利を期待する顧客心理につけ込み、全国で芸能人さながらのライブを開催するなど顧客を確実にだます演出をし、巧妙かつ大胆で、強い利欲的動機に基づく職業的な犯行だ」と非難した。

判決によると、2016年7月~17年8月、岡山市内のマンションなどで配当金を支払うことを約束し、顧客8人から違法に計1億円を預かり、だまし取った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン