/

この記事は会員限定です

「キラキラネーム」どうなる? 戸籍に読み仮名、議論へ

(更新) [有料会員限定]

上川陽子法相は16日、法制審議会(法相の諮問機関)に戸籍の氏名に読み仮名を追加する戸籍法や省令の改正を諮問した。政府が行政のデジタル化を推進するなか、個人データを検索しやすくすることで事務処理を効率化するのが狙い。ただ「キラキラネーム」とも呼ばれる難読な名前の取り扱いや、戸籍にどう反映させるかといった課題もある。

現在の戸籍法は氏名や生年月日など8項目を戸籍に記載するよう定めているが、氏名の読み仮...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1029文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン