/

太陽光発電、容疑の社長再逮捕 会社資金を流用か

(更新)

再生可能エネルギーの発電事業などを巡る融資金詐取事件で、東京地検特捜部は16日、会社の資金を借金返済に充てたなどとして、太陽光発電事業のテクノシステム(横浜市)社長、生田尚之容疑者(47)を会社法違反(特別背任)と詐欺の両容疑で再逮捕した。

再逮捕容疑は2018年8月~19年4月、同社名義の口座から引き出した3億9400万円を個人的なカジノの負債の支払いに充てるなどし、同社に損害を与えた疑い。20年5~6月には太陽光発電設備の開発を装った書類を信用組合に提出、約10億5千万円の融資を詐取した疑い。

再逮捕に先立ち、特捜部は生田容疑者ら3人=詐欺容疑で逮捕=を同罪で起訴した。起訴状によると、3人は福島県内の太陽光発電設備を開発するなどと偽った書類を金融機関に提出し、融資金を詐取したとされる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン