/

この記事は会員限定です

五輪、観客ありで調整 組織委「上限1万人」軸に検討

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は16日、東京大会について、観客を入れて開催する方向で最終調整に入った。政府の新たなイベント開催基準に準じ、各競技会場で収容定員の50%、または1万人のいずれか少ない方を上限とすることを軸に関係機関と協議する。

東京都など競技会場がある自治体で大会時に新型コロナウイルスの緊急事態宣言や「まん延防止等重点措置」が解除されていることが前提となる。解除されていない場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り301文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン