/

沢田隆治さんが死去 プロデューサー、「てなもんや三度笠」

コメディー番組「てなもんや三度笠」を手掛け、1980年代の漫才ブームの仕掛け人としても知られたプロデューサーの沢田隆治(さわだ・たかはる)さんが5月16日、死去した。88歳。大阪府出身。

朝日放送で「スチャラカ社員」「てなもんや三度笠」など公開コメディー番組に携わった。その後、制作プロダクション東阪企画を設立。テレビ番組「花王名人劇場」では「横山やすし・西川きよし」らが活躍して漫才ブームを巻き起こし、多くの漫才コンビを育てた。

全日本テレビ番組製作社連盟や日本映像事業協同組合(当時)で理事長を務めた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン