/

河村市長、3カ月給料カット メダルかじり改めて謝罪

(更新)

名古屋市の河村たかし市長は16日の記者会見で、自身の給与3カ月分(150万円)をカットする考えを明らかにした。4日に表敬訪問を受けた東京五輪ソフトボール日本代表の後藤希友選手(トヨタ自動車)の金メダルをかんだことや、セクハラととられる発言へのけじめをつける。

河村氏は改めて謝罪したうえで「引き続き市民の皆さんへご奉公したい」として、辞職は否定した。給与削減は市議会での議決を経る必要があり、削減の時期などは決まってない。河村氏は13日に「ハラスメント講習を4、5時間受けた」と説明し、今後は発言に気をつけるとした。

河村氏は4日、市役所で後藤選手から金メダルをかけてもらった際、突然マスクを外してメダルをかんだほか、「恋愛禁止かね?」などセクハラととられる発言をした。市には13日までに約1万3千件の苦情が寄せられたほか、SNS(交流サイト)で批判の声が上がった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン