/

ゴーン元会長逃亡、隠避の元米兵に実刑判決 東京地裁

(更新)

日産自動車元会長、カルロス・ゴーン被告(67)の海外逃亡事件で、犯人隠避罪に問われた米陸軍特殊部隊「グリーンベレー」元隊員、マイケル・テイラー被告(60)に東京地裁(楡井英夫裁判長)は19日、懲役2年(求刑懲役2年10月)の実刑判決を言い渡した。息子のピーター・テイラー被告(28)は懲役1年8月(同2年6月)とした。

楡井裁判長は判決理由で「大がかり、かつ周到な準備を整えて臨み、職業的な手際の良さで前代未聞の海外逃亡を完遂した」と指摘。マイケル被告が準備段階、実行段階を通じて「主導的な役割」を果たし、ピーター被告は「役割は小さいものの、必要不可欠かつ重要な役割」を担ったとした。

判決は犯行動機を「主として報酬目的であった」と認定した上で、ゴーン元会長の公判の見込みが全く立たない状態になり「刑事司法作用の侵害の程度が極めて大きい」と指摘。結果の重大性や犯行態様の悪質性から両被告の「実刑は免れない」とした。

弁護側は両被告が身柄を長期間拘束されていることなどを踏まえ、執行猶予付き判決を求めていた。2日の最終意見陳述で、マイケル被告は「お金のためにしたことではなかった。反省している」と述べた。

判決によると、両被告は米国籍のジョージ・ザイェク容疑者(61)=同容疑などで逮捕状=と共謀し、2019年12月29日、保釈中の元会長を箱に隠してプライベートジェット(PJ)機に乗せ、関西国際空港から出国。トルコ経由でレバノンに逃した。

逃亡した元会長の裁判手続きは見通しが立っていない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン