/

高知と徳島、船28隻被害 潮位変化で転覆や損傷

(更新)

高知県は16日、潮位変化の影響を受け、室戸市、土佐清水市、土佐市、黒潮町、四万十町、東洋町で船22隻が転覆したり流されたりし、船体の損傷なども確認されたと発表した。徳島県海陽町の宍喰漁港と周辺でも漁船6隻が被害を受けた。いずれも人的被害は確認されていない。

最大80センチの潮位変化が観測された室戸市では係留中の漁船5隻が転覆したり、沈んだりした。高知県内では土佐清水市で4隻、土佐市で3隻、黒潮町で5隻、四万十町で4隻、東洋町で1隻の被害があった。県や漁協、市町が連携し、引き揚げ作業を進めている。

また室戸市では5隻が行方不明になっていることも判明したが、潮位変化との関連は分かっていない。

徳島県内では、海陽町職員が午前8時ごろ沿岸地域を車で巡回中に、同町宍喰浦松原の「ホテルリビエラししくい」の前の海岸で漁船1隻の転覆を確認。また宍喰漁港でも4隻が転覆するなどし、沖合で1隻の漂流が確認された。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン