/

この記事は会員限定です

「線状降水帯」発信強化 豪雨多発で気象庁、活用に課題

[有料会員限定]

気象庁は各地に深刻な豪雨災害をもたらす「線状降水帯」の情報発信を強化する。6月にも始める注意情報の提供を皮切りに、2022年からは発生半日前に予報も流す方針。地球温暖化との関係性が指摘される気象現象への備えにつなげたい考えだが、情報の精度や防災への活用のあり方を巡って課題も残している。

同庁は19日に有識者検討会を開き、線状降水帯について、新たに「顕著な大雨に関する気象情報」を設けて発表することを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1253文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン