/

この記事は会員限定です

ワクチン副作用、若い世代ほど起きやすく 発熱や頭痛

[有料会員限定]

新型コロナウイルスワクチンは21日から企業や大学などで64歳以下への接種が本格的に始まる。若い世代ほど接種後の発熱や頭痛などの副作用が起きやすい傾向があり、事前に備えようと市販薬の一部は品薄状態だ。仕事などへの影響を抑えるため、体調の変化を見越して接種予定を立てる必要がある。

「もうろうとして、腕も上がらなくなった。仕事にならない」。5月にワクチンを打った東京都内の病院に勤める20代の男性医師は振...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1360文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン