/

進撃の巨人、腕章の販売中止 「差別の象徴」と謝罪

人気アニメ「『進撃の巨人』 The Final Season」製作委員会は15日、関連グッズ「マーレの腕章」の受注、販売を中止すると公式サイトで発表した。「作中で人種差別、民族差別の象徴として描かれたものを安易に商品化した」とし、謝罪した。

商品は、作中に登場するキャラクターの衣装を再現した腕章。14日から受注を開始したところ、インターネット上で批判が出ていた。

公式サイトには「配慮を欠いた行為であったと認識しております。製作委員会は、いかなる差別も認めるつもりはございません。ファンの皆様にも深くおわび申し上げます」とのコメントを掲載した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン