/

新任教職員に防災教育研修 津波被災の宮城・大川小

15日、宮城県石巻市の大川小で行われた防災教育研修で佐藤さん(右端)の話を聞く教職員ら=共同

宮城県教育委員会は15日、東日本大震災に伴う津波で児童と教職員計84人が犠牲となった石巻市立大川小で、今春新たに採用された教職員156人に防災教育研修を行った。同小では昨年以降2回、新任校長研修が開かれたが、新規採用者を対象としたのは初めて。

講師を務めた佐藤敏郎さんは、6年の次女、みずほさん(当時12)を亡くした。「先生は子どもの命を救うことができる誇りある仕事。そういう自覚を持ってほしい」と、校舎前で被災直後の写真を示し、当時の思い出や教訓を語り掛けた。

石巻好文館高(石巻市)の教諭、山内教子さんは「生徒の命を最優先に考えて行動することの大切さを実感した」と話した。

気仙沼市、仙台市、山元町でも同様の研修が行われ、大川小を含め4カ所で新規採用者が参加した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン