/

この記事は会員限定です

和歌山・太地町の漁業 海で生きる、これからも

海と水辺の散歩

[有料会員限定]

和歌山県太地町は、紀伊半島南端から東へ20キロメートルの突端に位置する、人口約3千人弱の漁業の町である。複雑なリアス式海岸に2つの岬と太地湾・森浦湾を擁し、背後は山林に覆われている。

古式捕鯨発祥の地として知られる捕鯨の町でもある。そのためか昔から相互扶助の精神が根付いている。捕鯨集団「鯨組」が組織されたのが1606年、その後数百人の大規模編成による網取り式捕鯨が始まった。漁労はもちろん、造船や鍛...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1174文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン