/

この記事は会員限定です

来日足止め40万人 長引く入国制限、3カ月で3万人増

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルス対策の水際対策のため、在留資格の事前認定を受けながら来日できていない外国人が1月4日時点で約40万人いることが出入国在留管理庁への取材で分かった。入国制限の長期化で、2021年10月1日時点の約37万人から3カ月で約3万人増えた。政府は制限緩和へ向けて検討中だが、1日の受け入れ人数には上限があり、膨れ上がった来日待機者をすべて迎え入れるにはかなりの時間がかかりそうだ。

外国人が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り554文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン