/

全国で気圧上昇、津波との関連調査 気象庁「経験ない」

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

南太平洋のトンガ沖で発生した海底火山の噴火に伴い、気象庁が各地に津波警報や注意報を出したのは、噴火から約11時間後の16日午前0時15分だった。噴火後に全国各地で一斉に気圧の変化が確認されたことも判明。気象庁は今回の津波について「こういった現象は知らず、原因は不明」と過去に例がないものだったことを明らかにした。

気象庁は当初、噴火の日本への影響について、気象庁はトンガ周辺の島しょ部から得られた津波高の影響分析などから、若干の海面変動はあるものの被害の心配はないとしていた。

ところが、日本で観測された波の変化は当初に想定していた時間より早く観測された。父島では午後10時半ごろの想定だったが、2時間半ほど早い午後8時ごろに観測した。波の変化もトンガ周辺の島しょ部より3~4倍高かった。

今回の津波と関連性があるとみられるのが、15日午後8時ごろに全国で観測された数ヘクトパスカルの気圧の上昇だ。

一般に気圧が下がれば海面が上昇するが、今回観測されたのは逆の現象だった。

気象庁地震火山部の宮岡一樹・地震情報企画官は「あくまで想像」と断った上で、「急激な気圧変化があったときにぎゅっと海面が押される。それがまた戻ってくるので、海面が振動することで周期的な潮位変化が発生することはあるのではないかと思う」と述べた。

トンガ沖では15日午後5時10分(日本時間午後1時10分)ごろ、海底火山が大規模な噴火を起こした。同庁は16日午前0時15分に鹿児島県の奄美群島とトカラ列島に津波警報を発出した。

警報は16日午前にすべて解除されたが、同日午後2時まで北海道から沖縄にかけての太平洋沿岸部全域や長崎県西方、鹿児島県西部などに津波注意報が出されていた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン