/

この記事は会員限定です

「波」に翻弄、分担なきコロナ医療 専門外も総力戦で

2021衆院選・現場を歩く

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルスの終息はなお見通せない。最前線で対応してきた医療現場は度重なる「波」に翻弄されてきた。その中で浮き彫りになったのは、病床があっても人手不足などで稼働せず、病院間の役割分担もままならない医療界の姿だ。対処への議論は衆院選で深まるだろうか。

20日午後、埼玉医科大総合医療センター(埼玉県川越市)のコロナ病棟は静まりかえっていた。「今の入院患者はゼロ。でも、いつ来るか分からない」。感染...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1589文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン