/

この記事は会員限定です

解散後初の週末、立候補予定者が演説 有権者「吟味」

(更新) [有料会員限定]

衆院が解散され初の週末を迎えた16日、次期衆院選を控えた立候補予定者らは各地の街頭で政策への支持を訴えた。緊急事態宣言の全面解除から2週間が経過し人通りは戻りつつある。有権者からは「密を避けつつ主張を吟味したい」という声が聞かれた。

同日夕、JR新宿駅(東京・新宿)前の広場では同じ政党の複数の立候補予定者が演説し、行き交う人らが足を止めて聞き入った。広場の上にかかる通路や階段から見つめるなど、聴衆...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り486文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン