/

アルペンルート全線開通 北ア・立山に巨大な雪の壁

(更新)

北アルプスの立山連峰を貫き、富山と長野をケーブルカーやバスで結ぶ観光路「立山黒部アルペンルート」が15日、4カ月半ぶりに全線開通した。11月末まで。室堂ターミナルの近くでは、降り積もった雪を道路まで掘り下げてできた高さ約18メートルの巨大な壁の間を歩く「雪の大谷ウオーク」も始まり、小雨が降る中、訪れた観光客らが春の雪山を楽しんだ。

雪壁は大雪の影響で例年以上に高くなった。友人らと訪れた岡山県赤磐市の男性(73)は「天気がちょっと悪いが、それでも雪がとてもきれいだ。圧倒された」と興奮した様子で語った。

新型コロナウイルス感染対策で、運営する「立山黒部貫光」(富山市)はバスの乗車人数を制限。担当者は「安心して楽しんでいただけるよう対策を徹底する」と話した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません